【トカゲ】冷凍コオロギに慣れさせろ

今までは活き餌ばかり与えてたのですが、活き餌の管理が面倒。

ということで、冷凍コオロギに切り替えます。

活き餌と冷凍コオロギ、トータル的にどっちがメリットあるかなと考えた結果、私は冷凍コオロギの方がいいと判断しました。

問題は食べてくれるかどうかということだけ。

冷凍コオロギに切り替える前に、乾燥コオロギも与えてみたのですが、1だけ食わないやつがいます。

餓死させるわけにはいかないので、時々活き餌も与えてたのですが、やっぱり活き餌は食い付きが前違いますねww

そんなこんなで乾燥コオロギと活き餌をうまく使い分けてたんですが、いい加減活き餌の管理も面倒になってきたので、冷凍コオロギに切り替えることに。

結果的には活き餌しか食べなかった個体も食べてくれます。

では、どうやって冷凍コオロギに慣れさせたかというと、ただ単に冷凍コオロギだけを与えて続けたというだけです。

最初は全く食べませんでした。他の個体が食べてるのを見ても全く食べる様子もなかったです。

しかし、空腹には勝てなかったのでしょう。

2週間近く食べてなかったので、仕方なしいう感じしょうか、目の前に冷凍コオロギを置くと、鼻先を近づけて餌かどうか判別しているようで、恐る恐るパクッ!と食べましたww

あら、以外とすんなり食うのね(笑)

もうここからは早かったですね 。今では普通に食べてます。

全ての個体に当てはまるとは限りませんが、根気よく与えて続けたら、食べてくれるのではないでしょうか。

あっ、でも乾燥コオロギはおそらく無理っぽいですね。

人間の私から見ても、全然美味そうにみえないし、栄養価もグッと下がってますので、出来ることなら冷凍コオロギの方がいいと思います。

活き餌の管理が面倒だと感じてるなら、1度冷凍コオロギに挑戦してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする