【トカゲ】快適なバスキングスポットを作ろう

どーも、アーロンです。

現在、90センチ水槽での飼育をしてますが、高さが約50センチあるので、保温球をつけても熱が下まで十分に届かず、トカゲ達の体温もなかなか上がらないんじゃないかと思ってました。

実際は、ちゃんとウンコもしてるので大丈夫かなとは思ってますが、バスキングスポットの石を手で触ってもみても、ほとんど温かさを感じません。

これではお腹から体温を上げることがなかなか難しいと思い、保温球をもっと地面に近づけることにしました。

しかし、保温球のスタンドのクリップを水槽の淵に挟んでるので、これ以上は下げられない・・・・。

色々考えた末に、まずはクリップを逆に向けてみることに。

すると簡単には逆向きになりました。
もともとどっちでも使える設計なのかもしれません。というか多分そういう設計ですよねww

で、逆に向けたはいいけど、挟む場所がないので、自作することに。

ホームセンターで木材と釘を買い、後は切って釘を打つだけ。

詳細は省きますが、こんな感じになりました。

これでかなり低くなりましたね。

紫外線ライトの方は良い感じの高さかなと思いますが、保温球の方はもう少し下げたいですね。

今でバスキングスポットの石まで20センチちょっとです。

あと5センチぐらい下げたいところですが、現在使用中のライトが50ワットの保温球なので、とりあえず100ワットに変えて様子見てみようと思います。

それで、ライトを点けてトカゲ達が集まってきてくれるようなら十分温かいということですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする