【ニホントカゲ】飼育ケース冬眠仕様。



どーも、アーロンです。

季節はもうすっかり秋ですね。

昼間はなんとな~く暖かいんですけど、空気は冷たくなってきてますね。

トカゲ達のケースもそろそろ冬眠仕様にしようと思います。

現在のケースはこんな感じです。

(室内の成体2匹の水槽)

(室内の幼体2匹&カナヘビのケース)

(ベランダ飼育の成体2匹のケース)

冬眠仕様にしたケースがこんな感じです。

(室内の成体2匹の水槽)

(室内の幼体2匹&カナヘビのケース)

(ベランダ飼育の成体2匹のケース)

冬眠するタイミングはトカゲ達にまかせようと思うので、エサのコオロギを入れ、ウサギのエサとして売られているチモシーふわっと被せるように入れました。

ベランダ組はお気に召さないのか、土に潜っていきましたが、室内組は気に入ってくれたようです。特に、成体組は2匹ともチモシーの下に潜っていきました。

やっぱりガラス水槽は横から観察できるからいいですよねww

幼体とカナヘビ組も、幼体1匹は土に潜ってますが、もう1匹とカナヘビは仲良くライトの下でくつろいでます。

チモシーを入れたのが正解かどうかはわかりませんが、とりあえず、これで様子みようと思います。

もっと寒くなってきたら、ベランダ組のケースには、もっとチモシーを入れてあげようと思ってます。

私自身、初めての冬眠なので、いろいろ試行錯誤してやっていこうと思います。

ではでは。

今日のおまけ写真

ベランダ飼育の1匹が日光浴の為に出てきたところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする