【トカゲ】寒っ!!9月ってこんな寒かった?

どーも、アーロンです。

あのクソ暑かった夏がウソのように、9月中旬にも関わらず、
朝はなかなか冷え込む今日この頃。

そんな寒さのせいか、トカゲ達の動きが鈍い模様。

ニホントカゲの亜成体(ほぼ成体かな)のケースには餌を食べて、糞も確認できてるので、
ひとまず安心。

捕獲時からあまり大きくなってなく、隔離飼育(屋内飼育)している幼体も糞を確認できるので、こちらも安心。

気がかりなのは、もう1匹の幼体とカナヘビ。

こっちの幼体は捕獲時よりかなり大きくなってるので、

大丈夫かなぁって思ってたんですが、

ベランダに置いているため、朝の冷え込みで動きが鈍っているのか、

ここ2,3日、糞を確認できてないので、餌を食べてるか心配です。

冬眠にはまだ早すぎるし、当然、冬眠の為の準備もできてないと思う。

もっともっと食べて、栄養蓄えてから冬眠に入ってもらわないと困る。

というわけで、今日、仕事から帰ってすぐに、

亜成体のケースと、幼体・カナヘビのケースを屋内に移動。

これで朝の冷え込みは回避できるはず。

日当たりはベランダより悪いが、とりあえず少し様子見。

休みの日は1日観察できるので、その時にじっくり観察してみることに。

と言っても、ニホントカゲは土を飼っている感覚なので観察というほどでもないですけどねww

飼育方法

私自身、トカゲの飼育は初めてで、色々調べてると、

幼体は冬眠させずに越冬させた方がいいとか、
幼体は冬眠させた方がいいとか、屋内飼育はどうとか、屋外飼育はどうだとか、
たくさんの情報がネット上にはあります。
それぞれの飼育方法にも、メリット、デメリットがあると思います。

私はトカゲ飼育においては素人なので、偉そうなことは言えませんが、

なるべく自然に近い環境でということで、基本的には屋外飼育、冬眠はさせるという飼育を選びました。

冬眠まであと少し・・・・だけど、まだ早いよ

もうあと1ヵ月少々で冬眠に入るかと思いますが、

冬眠させる為の環境を作ってやらないといけませんね。

まあ、その辺は冬眠の時期が近づいてきたら、また記事にしたいと思います。

なんかちょっと話がそれましたが、とりあえずケースを部屋に移動したことで、

『冬眠にはまだ早いよ』ってトカゲ達にわかってもらえればOKです。

とりあえず今日はこの辺で。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする